JLPT受験前の力試しに! 学習者が弱点を把握できるオンライン模擬試験!
JLPT オンラインハーフ模試
受講申込・見積依頼

JLPT オンラインハーフ模試の特徴

  • 特長1 JLPT本試験の半分の時間・問題数で受験できます。
  • 特長2 オンライン試験なので、受験者がすぐに結果を確認できます。
  • 特長3 パート別正答率など成績を図解、受験者自身が実力を把握できます。
  • 特長4 JLPT書籍でも評価の高い語学出版社のノウハウを注入。
  • 特長5 PC・IPad・スマホ対応。ネットにつながればどこでも受験できます。
JLPT オンラインハーフ

JLPT オンラインハーフ模試とは?

『JLPTオンラインハーフ模試』は、JLPTの模擬試験(N5~N1のレベル別)を本試験の半分の時間・問題数で受験することができるeラーニングです。パソコンかスマートフォンがあればいつでも受験でき、採点ボタンを押すだけで結果を確認することができます。 総合得点だけでなく、科目別・得点区分別・項目別に正誤状況を細かく分析。学習者にわかりやすく提示するため、学習者が自分の弱点をその場で把握することができます。

※本サービスは、日本語教育機関様向けの商品です。個人での受講申込はご対応いたしかねます。

選べる5コース

簡単操作で実力が把握できる

JLPT対策本を数多く刊行したノウハウを活かし、厳選した問題を出題しています。 操作は選択肢やボタンをタップするだけなので簡単。インターネットにつながるスマートフォンかパソコンがあれば受験できます。特別な設備を用意したり、アプリをインストールする必要はありません。

JLPTハーフ模試
JLPTハーフ模試:分野別・得点区分別で正答率を確認
JLPTハーフ模試:得意・不得意を視覚的に把握

点数をグラフやチャートでわかりやすく表示。

さらに、今後の学習法に対するアドバイスを表示し、学習者が学習を進めるのに役立てることができます。

活用メリット

◆ 受験者様
  • 本試験前に自分のレベルや弱点を把握できるため、学習計画を立てる際に参考にできます。
  • 本試験と同形式の模試を受けることで、出題されるパターンに慣れることができます。
◆ 教育機関様
  • 本試験前に各学習者のレベルや弱点を把握できるため、学習者に最適な教育を提供することができます。
  • 継続利用することで、学習者のレベルの推移がわかります。

試験科目と試験時間

レベル 科 目 合計時間
N1 文字・語彙・文法・読解 55分 聴解 30分 85分
N2 文字・語彙・文法・読解 53分 聴解 25分 78分
N3 文字・語彙 15分 文法・読解 35分 聴解 22分 72分
N4 文字・語彙 15分 文法・読解 30分 聴解 19分 64分
N5 文字・語彙 15分 文法・読解 25分 聴解 15分 55分

お問い合わせは、こちらから

こちらもおすすめ
JLPTオンラインハーフ模試 説明会開催のお知らせ
日本語能力試験(JLPT)の模擬試験をPC・スマホ・タブレットで受けられるオンラインハーフ模試。日本語学校や企業の採用ご担当者にむけての説明会を「にほんごの凡人社 麹町店」で4/13(土)開催いたします。
詳しい資料をこちら
TRY! 日本語能力試験 eラーニング
日本語能力試験の「N1対策」から「N5対策」までの5コースをご用意しています。それぞれの学習者のレベルに合わせて適切なコースを選ぶことができます。
お問い合わせ
TEL: 03-3267-7845 受付時間:平日10時~18時
(法人営業担当者宛)
お問い合わせページへ