受けてみよう!TOEIC Bridgeテスト とは?

「受けてみよう!TOEIC Bridgeテスト」は、会社や自宅でお使いのパソコンを使って、TOEIC Bridgeテスト対策のオンライン学習ができるeラーニング講座です。

英語があまり得意でない学習者の英語学習の第一歩として最適なTOEIC Bridgeテスト対策のeラーニング講座です。学生の時以来、久しぶりに英語学習を再開するというような社会人にも多く使われています。

この講座の概要

講座名「受けてみよう!TOEIC Bridgeテスト」
教材形態eラーニング
対象受講者英語学習初心者
受講期間3ヶ月間
標準学習時間15時間~
価格(税込)5,400円
※団体一括利用は、別途お見積りします。
お問い合わせは、こちらから

推奨受講環境

OSWindows 7 / 8.1 / 10
(タブレットモードは非対応)
ブラウザInternet Explorer 11
(要 Flash Player)
その他インターネット接続、スピーカー・イヤフォンなどの音声環境 必須
注意点スマートフォン・タブレット端末での受講には、対応していません。

この講座の特徴

英語初心者が学習を始める第一歩として最適

学習を始める第一歩として最適

TOEIC Bridgeテストは、TOEICテストの半分の時間で、より身近な話題を用い、リスニングのスピードも落としたやさしい試験です。

「TOEICテストは難しすぎる」「英語の勉強って何から始めたらいいの?」という英語初心者が目標とするのに最適です。

学習に慣れていない人も途中で飽きずに続けられる

飽きずに続けられる

すべて音声を聴きながら進めていく講義方式なので、テキストを読むのが苦手な方でも、無理なく進めることができます。

例文も多く入れているので、気づいたらかなり英語に馴染んでいるはずです。

また、イラストを豊富に使っているので、飽きることなく、効果的に学習できます。文字で見るだけではつかみにくいイメージも、イラストで自然と覚えることができます。

実践練習で、やる気を継続させる

実践練習で、やる気を継続

各学習ユニットの最後に、TOEIC Bridgeテスト本番と同じ形式の実践練習に挑戦します。

学習したことを確認できるだけでなく、「わかる」「できる」という実感を持つことができますので、やる気を継続させることができます。

初めての受験もしっかりフォロー

初めての受験もしっかりフォロー

テストの形式についてだけではなく、受験に必要な手続きから当日の注意点まで、受験に必要と思われることはすべてもうらしているので、初めてでも安心して受験に望むことができるようになります。

この講座の学習の流れ

1. TOEIC Bridge とは?

1.TOEIC Bridgeとは?

初めての受験でも不安にならないように、TOEIC Bridgeテストの概要や受験手続について丁寧に解説をします。

2. プレテスト

2.プレテスト

まず最初に、今の実力をチェックします。

パートごとの得点を見ることができるので、自分の現時点での弱点がわかります。

3. 写真描写問題の対策

Part1のリスニングセクションです。写真を見て選択肢から選ぶ問題を攻略します。

4. 応答問題の対策

Part2のリスニングセクションです。問いかけに対する正しい応答を選択肢から選ぶ形式の問題を攻略します。

5. 会話問題の対策

Part3のリスニングセクションです。アナウンスや会話を聞き、問題用紙に印刷された設問に答える問題を攻略します。

6. 文法・語彙問題の対策

Part4のリーディングセクションです。空所に当てはまるものを選択肢から選び、英文を完成させる問題を攻略します。

7. 読解問題の対策

Part5のリーディングセクションです。まとまった英文を読み、それに関するいくつかの質問に答える問題を攻略します。

8. 実践テスト

8.実践テスト

最後にTOEIC Bridgeの模擬テストで予行演習を行います。

1 2次へ