5S導入DVDセット「実践5Sプロジェクト」

STEP 3「目で見る整頓・看板作戦を実行せよ」で学ぶこと

「整頓」とは何でしょう?

整頓とは、「整理」の段階で残った要るモノを使いやすいように置き、誰でもわかるように明示することです。

整理とは何か

そのためには、誰でもすぐに見つけられ、使えて、戻せるようになっていなければなりません。

つまり、モノの置き方の標準化ができていなければならないのです。

置き場の整備をする

整理で「赤札作戦」を実施することにより、不要なモノを撤去した後の品目数や量は当然、赤札作戦の前より少なくなっています。ですから当然、棚自体も見直す必要がでてきます。

置き場の整備

先入れ先出し(FIFO = First In First Out)製品別方式と機能別方式などの考え方で整理をしていきます。

3定とは何でしょう?

整頓で在庫の置き場を設定する際に重要な基軸になるのが、「どこに」「何を」「いくつ」置くか、ということです。

3定

この3点をはっきりと定めることを「3定」といい、「どこに」は定位として場所表示を行い、「何を」は定品として場所表示を行い、「何を」は定量として量表示を行います。

3定表示の実行手順

前提: 置き場のスペース確保

整理の「赤札作戦」の実施により、不要な品目と量を減らし、置き場のスペースを確保

手順1: 置き場の決定

使用頻度などを基準に、必要とされる在庫の置き場を決定する。

定位

手順2: 置き場の整備

作業性や在庫の活性化などを考慮した置き場の整備をする。

手順3: 定位

棚に、所と番地を明示し、置き場をはっきりさせる。

定品

手順4: 定品

棚板には棚品目表示を、置かれているモノのいれものにはモノ品目表示をする。

手順5: 定量

置かれている品目の最大量と最小量の棚板に明示する。

定量

手順6: 整頓の習慣化

こうして決められた置き場での整頓の習慣化を促す。

このような手順で、3定表示を進めていきます。

このDVD教材セット「実践5Sプロジェクト」では、これらの「整頓」の考え方その具体的な方法である「3定表示」の実行手順を、より詳しく説明しています。


ディスク3

学習項目 【DVD収録時間:約32分】

「実践5Sプロジェクト」のSTEP 3「目で見る整頓・看板作戦を実行せよ」では、以下の項目を学習します。

1 整頓とは何か
2 看板で表示を共通化する
3 置き場の整備をする①
4 置き場の整備をする②
5 3定表示の手順
6 ペンキ作戦で職場にメリハリを
特典映像 5S導入企業の担当者に訊く
7 治工具置き場を進化させる
8 戻しやすさレベル最低の状態
9 戻しやすさレベルを上げる①
10 戻しやすさレベルを上げる②
11 戻しやすさレベルを上げる③
12 戻しやすさレベルを上げる④
13 戻しやすさレベルを上げる⑤
14 STEP3のまとめ
特典映像 5S導入企業のトップに訊く2
前へ1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次へ
eラーニング講座
お問い合わせ
TEL: 03-3267-7845
受付時間:平日10時~18時
(法人営業担当者宛) お問い合わせ
講座概要
商品名 教材形態 対象者 セット内容 価格(税別)
「実践5Sプロジェクト」 DVD教材セット 5S活動を導入したい企業
5S活動をやり直したい企業
映像DVD(6巻)
指導者用テキスト(1冊)
受講者用テキスト(1冊)
ワークシートブック(1冊)
198,000円