外国人社員に活躍してもらうために、会社ができる2つのこと

外国人社員に活躍してもらうために会社ができることは、ビジネス日本語教育をすることだけではありません。

外国人社員教育のお手伝いをしている中で、お客様のお話を聞いていると、外国人社員の現在の日本語コミュニケーション能力と企業として求めるコミュニケーション能力のギャップが、非常に大きいということがよくあります。

ですが、教育を進めていったり、現場の状況をうかがったりしてみると、実際に業務で必要となるコミュニケーション能力は、そこまで必要ではなかったりするケースも多いということも事実です。過剰に求めてしまうということが多いのです。

関わる業務の内容や職場の状況によって、必要となる日本語力は大きく変わります。

社外の人と接する営業職の人と、ほぼ社内でのコミュニケーションのみの研究職の人では、必要なコミュニケーション力は大きく異なります。

また、普段接する同僚が、英語でのコミュニケーションできたりするだけでも、業務で必要となるコミュニケーション力は大きく変わってくるのです。

会社ができる2つのこと

それを踏まえた上で、会社ができることは、外国人社員の現在の日本語コミュニケーション能力と業務で必要となる日本語コミュニケーション能力のギャップを解消することです。

つまり、「外国人社員の日本語コミュニケーション能力を上げること」と「業務で必要となる日本語コミュニケーション能力をできるだけ少なくすること」の2つです。

外国人社員の日本語教育だけに注目していて、受け入れ側の体制の整備の意識がまったくないという企業も正直多いです。会社としてできることは、外国人社員への働きかけと受け入れ側への働きかけの2つあるということを覚えておきましょう。